小学校の授業で使えるスクラッチのプログラム事例を紹介

授業でのスクラッチ事例(地図で動かす)

スプライト(キャラクター)を思ったように動かすことに慣れるためのプログラム事例です。
進む方向や距離をプログラミングする練習になります。

 

授業で使えるスクラッチ事例(迷路でキャラクターを動かす)

画面は下記のようなイメージになります。
スクラッチ授業事例01

 

左下にいるネコを動かして、左上の家のところに動かすプログラムを組むことを目的にします。
海(青いところ)に落ちないように、道路(灰色)の上を移動しなければなりません。

 

例えば、下のようなスクリプトをネコに対して組んでみます。

 

実行するとどうなるでしょう。

 

ネコが右に動いて、上のようになります。
曲がるのに少し足りないですよね。

 

もう少し右まで動かないといけません。
そのためにはスクリプトのどこを変えればいいのでしょうか?

 

答えはひとつではありません。
スクリプトを作り変えて実行してみてください。

 

再実行する前にネコの位置を元に戻さなければなりません。
下記のようにネコに対するスクリプトを組んでおきましょう。

ネコを最初の位置に戻すためのプログラム

ネコを最初の位置(スタート位置)に戻すには下記のスクリプトを組んでおきます。

 

 

これでスペースキーを押せば、ネコが左下の最初の位置に戻ります。

 

「90度に向ける」はこのあとのプログラムと関係しています。
先にここで作っておきましょう。

 

ネコが歩いているようにプログラムする

上のスクリプトだと、ネコがスーッと横に移動しているだけですよね。
ちゃんと歩いているようにしてみましょう。

 

 

「次のコスチュームにする」を入れることでネコが歩いているように見えます。
入れる位置も注意!「30回繰り返す」の中に入るようにします。

 

向きを変える

30回繰り返すを35回繰り返すに変更して曲がれる位置まで来ました。
上に行くにはどうすればイイでしょうか?

 

【動き】ブロックにある「90度に向ける」を利用します。
これを「0度に向ける」に変更します。

 

 

ここまでのプログラムを実行すると下記のようになります。

 

 

うまく曲がれましたが、進む距離がまた足りません。
これも変更してみてください。

 

あとは応用です。
左に曲がって、上に曲がれば家につきます。

 

どのぐらい進めばいいかも考えてみましょう。
なお、左に曲がる前に「回転方法を左右のみにする」を足すとネコが逆さになりません。

 

地図上のネコを動かすプログラム完成例

このプログラムの完成例を掲載しておきます。
これ以外の方法もあるので、いろいろ試してみてください。

 

PR

関連ページ

授業でのスクラッチ事例(水族館をつくろう)
スクラッチの公式サイトにある背景「underwater」を使ってオリジナルの水族館を作るプログラミング例の紹介です。小学校の授業でも出来る内容です。自分なりの水族館を完成させましょう。
授業でのスクラッチ事例(クイズで条件分岐)
プログラミングの基本のひとつに条件分岐というものがあります。「もしAなら、Bをする」といったものです。この条件分岐をスクラッチで学ぶときのサンプル事例を作成しました。小学校の授業で使えるものです。クイズの問題を作って、正解かを判定するプログラムとなっています。
変数について学ぶ事例:3の倍数で大きくなる
スクラッチでプログラミングに出てくる「変数」について学べるサンプルを作成しました。キャラクターが「1、2、3…」とかずを数えていって、3の倍数になったら大きくなるというものです。プログラムの中では変数と条件分岐が使われています。
キーボード操作でキャラクターを動かす
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラムサンプルです。キーボードの矢印キー「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、キャラクターを自分で動かすプログラムです。ネコを動かして、赤いリンゴに触れると、ネコが赤く変わるようなプログラムにしていますが、『何かに触れると、何かが起こる』プログラムに変えることもできます。
乱数について学ぶスクラッチサンプルプログラム
プログラミングでは乱数(らんすう)というものが出てきます。スクラッチで、この乱数を使ったプログラムを作ってみました。1,2,3…と順番に並んでいるのではなく、4,1,7…とランダム(でたらめ)に数字が出てくることが乱数です。
クローンを学ぶスクラッチのプログラムサンプル
スクラッチにある「クローン」について勉強できるプログラムサンプルを作成しました。「落ちゲー」と言われるようなゲームで、上からものが落ちてくるプログラムです。これをクローンを使って作っています。
回転すし屋をつくろう
スクラッチでオリジナルの回転すし屋さんをつくるプログラム例です。おすしだけでなく、ケーキやおかしなど自分の好きなものを回転すしのように回すことができます。プログラムの中では、ネタごとに料金を設定して、合計金額を求める計算を行っています。
スクラッチを使って図形の勉強を行う授業例
プログラミングで図形を描くというのはプログラミング授業の定番になっていますが、角度の考え方がちょっとややこしいですよね。そこで、スクラッチでのサンプルを作ってみました。小学校の授業で行う場合の展開例も掲載しています。参考にしてみてください。
スクラッチで作る「動くことわざ」のサンプル
スクラッチの事例として紹介されることが多いのが「動くことわざ」です。ことわざにあった動きをスクラッチでプログラミングするというもの。サンプルプログラムをもとに小学校の授業で行うときの注意点をまとめました。
スクラッチで作る都道府県クイズのサンプル
今回は小学校高学年向けのスクラッチサンプルを紹介します。都道府県の特徴を調べて、それをクイズ形式にするプログラムです。「海に面している」「海に面していない」など都道府県を何かの基準で2つに分けて、それを問題にしています。