小学校の授業で使えるスクラッチ事例(変数の使い方)

3の倍数で大きくなる(スクラッチで変数を学ぶサンプル)

プログラミングに出てくる「変数」をて学べるサンプルを作成しました。

 

キャラクターが「1、2、3…」とかずを数えていって、3の倍数になったら大きくなるというものです。プログラムの中では変数と条件分岐が使われています。

 

3の倍数で大きくなるサンプルの完成イメージ

1,2,3,4…とかずを数えて、3の倍数のときにキャラクターが大きくなります。
実行したときに、下記のような動きになります。



 

実行画面の左上に出ている「かず」が変数になります。
以下でプログラムについて解説します。

 

3の倍数で大きくなるプログラム

 

「ずっと」のくり返しの中で、かずを数えて、3の倍数のときと3の倍数でないときの動きをプログラミングしています。大きくするのは「大きさを200%にする」です。

 

プログラムの中に「かず」というものが出てきますが、これは変数名です。
このプログラムを作成するには、「かず」という変数を作る必要があります。

 

プログラミング用語が出てきたので、ここで「変数」が何かを説明します。

 

変数とはデータを入れておくハコ(箱)のこと

変数とは数字などのデータを入れておくハコ(箱)のようなものです。
変数を作るとは、ハコをつくるというのと同じ意味です。

 

変数のイメージ

 

変数をつくることで、データを入れておいて、あとでみることができる

なぜ、変数というハコを作るかというと、ハコの中にデータ(数字など)を入れておいて、それをあとで見ることができるからです。

 


 

具体的に見てみます。
上にある「3の倍数で大きくなるプログラム」は次のように変数のデータが変わります。

 

プログラムの中での変数の動き

 

かず」というのは変数の名前(ハコにつけた名前)です。名前なので「太郎」でも「花子」でもキラキラネームでも良いのですが、わかりやすいように「かず」としています。

 

このように「かず」という変数を使うことで、「ずっと」の中でくり返すときに、3の倍数かを判定して、動きを変えることができるようになっているのです。

 

スクラッチでの変数の作り方

スクラッチでは「コード」の画面で変数をつくります。

「コード」→「変数」→「変数を作る」をクリック

 

変数名を入力し、OK


ここでは変数名を「かず」としています。

 

変数「かず」が作られて、使えるようになります

 

小学校の授業での展開例

上のサンプルでは「3の倍数で大きくなる」プログラムにしましたが、この部分を児童に自由に作らせることができます。

  • 「2の倍数だったら、ジャンプする」
  • 「5の倍数だったら、色が変わる」

など、背景とキャラクターも含めて自由に作れるようにすると、バリエーションが広がります。
かずを数えて、ある数の倍数になったときだけ、特定の動きをするというのが共通点。

 

(例)3の倍数のときにジャンプ


 

ある数の倍数なのかを判定する算数の勉強もちょっと関係してきます。
以上、参考にしてみてください。

 

PR

関連ページ

授業でのスクラッチ事例(地図の上を動かす)
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラム事例を紹介しています。地図上のネコを動かすプログラムです。進む方向や距離をプログラミングする練習になります。キャラクターを思ったように動かすことに慣れるための事例です。
授業でのスクラッチ事例(水族館をつくろう)
スクラッチの公式サイトにある背景「underwater」を使ってオリジナルの水族館を作るプログラミング例の紹介です。小学校の授業でも出来る内容です。自分なりの水族館を完成させましょう。
授業でのスクラッチ事例(クイズで条件分岐)
プログラミングの基本のひとつに条件分岐というものがあります。「もしAなら、Bをする」といったものです。この条件分岐をスクラッチで学ぶときのサンプル事例を作成しました。小学校の授業で使えるものです。クイズの問題を作って、正解かを判定するプログラムとなっています。
キーボード操作でキャラクターを動かす
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラムサンプルです。キーボードの矢印キー「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、キャラクターを自分で動かすプログラムです。ネコを動かして、赤いリンゴに触れると、ネコが赤く変わるようなプログラムにしていますが、『何かに触れると、何かが起こる』プログラムに変えることもできます。
乱数について学ぶスクラッチサンプルプログラム
プログラミングでは乱数(らんすう)というものが出てきます。スクラッチで、この乱数を使ったプログラムを作ってみました。1,2,3…と順番に並んでいるのではなく、4,1,7…とランダム(でたらめ)に数字が出てくることが乱数です。
クローンを学ぶスクラッチのプログラムサンプル
スクラッチにある「クローン」について勉強できるプログラムサンプルを作成しました。「落ちゲー」と言われるようなゲームで、上からものが落ちてくるプログラムです。これをクローンを使って作っています。
回転すし屋をつくろう
スクラッチでオリジナルの回転すし屋さんをつくるプログラム例です。おすしだけでなく、ケーキやおかしなど自分の好きなものを回転すしのように回すことができます。プログラムの中では、ネタごとに料金を設定して、合計金額を求める計算を行っています。
スクラッチを使って図形の勉強を行う授業例
プログラミングで図形を描くというのはプログラミング授業の定番になっていますが、角度の考え方がちょっとややこしいですよね。そこで、スクラッチでのサンプルを作ってみました。小学校の授業で行う場合の展開例も掲載しています。参考にしてみてください。
スクラッチで作る「動くことわざ」のサンプル
スクラッチの事例として紹介されることが多いのが「動くことわざ」です。ことわざにあった動きをスクラッチでプログラミングするというもの。サンプルプログラムをもとに小学校の授業で行うときの注意点をまとめました。
スクラッチで作る都道府県クイズのサンプル
今回は小学校高学年向けのスクラッチサンプルを紹介します。都道府県の特徴を調べて、それをクイズ形式にするプログラムです。「海に面している」「海に面していない」など都道府県を何かの基準で2つに分けて、それを問題にしています。