小学校の授業で使えるスクラッチのプログラム事例(条件分岐)

小学校授業でのスクラッチ事例(クイズで条件分岐を学ぶ)

プログラミングの基本のひとつに条件分岐というものがあります。
「もしAなら、Bをする」といったものです。

 

この条件分岐をスクラッチで学ぶときのサンプル事例を作成しました。
クイズの問題を作って、正解かを判定するプログラムです。

 

クイズで学ぶ条件分岐の完成イメージ

問題を出す画面


ここでは「2×2は?」というクイズ(問題)を出しています。
答えは、下のボックスにキーボードから入力します。

 

正解だったときの画面


入力された答えを見て、正解だったら「正解用の画面」を出力。

 

不正解だった時の画面


入力された答えが間違っていた場合は、不正解の画面を出力します。

 

条件分岐のプログラム例

ネコのスプライト(キャラクター)に次のようなプログラムを組めば条件分岐を行えます。
スクラッチ条件分岐のプログラム例
(2×2は?)のところがクイズの問題。
答え=(4)のところがクイズの答えです。

 

【(2×2は?)と聞いて待つ】のブロックは、「調べる」の中にあります。

 

最初は(What's your name?)と聞いて待つになっているので、(What's your name?)をクイズの問題に書き換えます。

 

【答え】のブロックも、「調べる」の中(…と聞いて待つの下)にあります。

 


条件分岐のブロックがあるのは「制御」の中。
ここで使用するのは【もし…なら、でなければ】です。

 

上記のようにプログラムを組んで、実行すれば動きます。

 

4と入力したのに、ちがうよ!と不正解の判定になる理由

上の例と同じようにプログラムを組んで実行したら、4と入力したのに「ちがうよ!」と不正解の判定をされるのは、全角文字と半角文字の違いによるものです。

 

コンピュータでは全角文字の「4」と半角文字の「4」は違うものと判定します。

 

プログラムの中で書いた「4」と実行したときの入力画面から打った「4」が全角と半角になっていると違うものと判定されるのです。数字を答えにするときは気を付けてください。

 

授業でのプログラムの展開例

上に紹介したプログラムは、答えがあっていると「正解!」と言い、間違っていると「ちがうよ!」というものです。これを変更し、正解・不正解の処理を自由に組むこともできます。

 

  • 正解だったら、ネコ(キャラクター)がジャンプする。
  • 不正解だったら、ネコ(キャラクター)が小さくなる。

 

など、いろいろな処理が考えられます。
キャラクターはネコでなくても、好きなものでOKです。

 

条件分岐により処理(動作)を変えるプログラミングの勉強として活用してみてください。

 

【発展】正解するまで、何回も問題が繰り返されるプログラム

上のサンプルでは、間違った答えを入れると、「ちがうよ!」と表示されて終了します。
これを正解するまで問題を出し続けるようにプログラムを変更することもできます。

 

正解するまで問題を出し続けるプログラム

スクラッチ条件分岐のプログラム例2

 

ここでは制御の中にある【…まで繰り返す】を使用しています。

 

発展例として参考にしてみてください。

PR

関連ページ

授業でのスクラッチ事例(地図の上を動かす)
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラム事例を紹介しています。地図上のネコを動かすプログラムです。進む方向や距離をプログラミングする練習になります。キャラクターを思ったように動かすことに慣れるための事例です。
授業でのスクラッチ事例(水族館をつくろう)
スクラッチの公式サイトにある背景「underwater」を使ってオリジナルの水族館を作るプログラミング例の紹介です。小学校の授業でも出来る内容です。自分なりの水族館を完成させましょう。
変数について学ぶ事例:3の倍数で大きくなる
スクラッチでプログラミングに出てくる「変数」について学べるサンプルを作成しました。キャラクターが「1、2、3…」とかずを数えていって、3の倍数になったら大きくなるというものです。プログラムの中では変数と条件分岐が使われています。
キーボード操作でキャラクターを動かす
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラムサンプルです。キーボードの矢印キー「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、キャラクターを自分で動かすプログラムです。ネコを動かして、赤いリンゴに触れると、ネコが赤く変わるようなプログラムにしていますが、『何かに触れると、何かが起こる』プログラムに変えることもできます。
乱数について学ぶスクラッチサンプルプログラム
プログラミングでは乱数(らんすう)というものが出てきます。スクラッチで、この乱数を使ったプログラムを作ってみました。1,2,3…と順番に並んでいるのではなく、4,1,7…とランダム(でたらめ)に数字が出てくることが乱数です。
クローンを学ぶスクラッチのプログラムサンプル
スクラッチにある「クローン」について勉強できるプログラムサンプルを作成しました。「落ちゲー」と言われるようなゲームで、上からものが落ちてくるプログラムです。これをクローンを使って作っています。
回転すし屋をつくろう
スクラッチでオリジナルの回転すし屋さんをつくるプログラム例です。おすしだけでなく、ケーキやおかしなど自分の好きなものを回転すしのように回すことができます。プログラムの中では、ネタごとに料金を設定して、合計金額を求める計算を行っています。
スクラッチを使って図形の勉強を行う授業例
プログラミングで図形を描くというのはプログラミング授業の定番になっていますが、角度の考え方がちょっとややこしいですよね。そこで、スクラッチでのサンプルを作ってみました。小学校の授業で行う場合の展開例も掲載しています。参考にしてみてください。
スクラッチで作る「動くことわざ」のサンプル
スクラッチの事例として紹介されることが多いのが「動くことわざ」です。ことわざにあった動きをスクラッチでプログラミングするというもの。サンプルプログラムをもとに小学校の授業で行うときの注意点をまとめました。
スクラッチで作る都道府県クイズのサンプル
今回は小学校高学年向けのスクラッチサンプルを紹介します。都道府県の特徴を調べて、それをクイズ形式にするプログラムです。「海に面している」「海に面していない」など都道府県を何かの基準で2つに分けて、それを問題にしています。