スクラッチ授業「動くことわざ」のサンプル

スクラッチで作る「動くことわざ」のサンプル

スクラッチの事例として紹介されることが多いのが「動くことわざ」です。
ことわざにあった動きをスクラッチでプログラミングするというもの。

 

サンプルプログラムをもとに小学校の授業で行うときの注意点をまとめました。

 

「雨後のたけのこ」のサンプル画面

サンプルとしてつくってみたことわざは「雨後のたけのこ」です。
画面は下記のように動きます。

 

スタート画面

スクラッチ動くことわざ

 

スタートすると雲があらわれて、雨が降る

 

雨があがると、タケノコが出てくる

 

セリフでことわざ「これが雨後のタケノコ」と言う

スクラッチ雨後のたけのこ

 

雨後のタケノコのプログラム

上記のサンプルでは、スプライトとして「ネコ」「タケノコ」「雲」「雨」を使用しています。
ネコ以外はスクラッチの中にはないので、フリーのイラストを用意しました。

 

プログラムの中では、クローンメッセージを使っています。
それぞれのスプライトのコードは下記のとおりです。

 

ネコのコード

 

タケノコのコード

 

雲のコード

 

雨のコード

 

授業でスクラッチでことわざ作りを行うときの注意点

授業でことわざ作りを行う場合は、あらかじめイラストを用意しておくのがポイントです。スクラッチに予め用意されているイラストだけでは、ことわざ作りはできません。

 

使うイラスト探しまで児童にさせると、それだけで何時間もかかってしまいます。
ことわざ作りで使えそうなイラストは、先生があらかじめ用意しておいてください。

 

ただ、すべてのことわざ用にイラストを用意するのでは、時間が足りません。
そこで、対象とすることわざに条件を設けるのが現実的です。

 

例えば、天気に関することわざについて、スクラッチで作るといった感じです。
そうすれば、用意するイラストも限られたもので十分になります。

 

天気に関することわざなら「晴れ」「雨」「曇り」「雪」のイラストとそのほかに天気に関することわざで出てきそうなものを用意しておけば十分です。

 

(例)天気に関することわざ
  • 雨後のタケノコ
  • ツバメが高く飛ぶと晴れる
  • ツバメが低く飛ぶと雨
  • 晴耕雨読
  • 猫が顔を洗うと雨になる
  • 朝焼けは雨
  • 朝にじは雨
  • アリの行列を見たら雨
  • 雨がえるがなくと雨
  • とんぼが低く飛ぶと雨
  • 山が青く見えると晴れ、白く見えると雨
  • セミがなきやむと雨
  • 蚊がうすづけば雨が降る
  • スズメが水を浴びると晴れ
  • 嵐の前の静けさ
  • 雨降って地固まる
  • 風が吹けば桶屋が儲かる
  • 待てば海路の日和あり
  • くしが通りにくい時は雨
  • 夏の入道雲は晴れ
  • 山にカサ雲かかれば雨
  • 狐の嫁入り

天気に関することわざだけでも使えそうなものがこんなにあります。授業でプログラム作りを行うのであれば、テーマを決めて、それに沿ったイラストを用意しておくことをオススメします。

PR

関連ページ

授業でのスクラッチ事例(地図の上を動かす)
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラム事例を紹介しています。地図上のネコを動かすプログラムです。進む方向や距離をプログラミングする練習になります。キャラクターを思ったように動かすことに慣れるための事例です。
授業でのスクラッチ事例(水族館をつくろう)
スクラッチの公式サイトにある背景「underwater」を使ってオリジナルの水族館を作るプログラミング例の紹介です。小学校の授業でも出来る内容です。自分なりの水族館を完成させましょう。
授業でのスクラッチ事例(クイズで条件分岐)
プログラミングの基本のひとつに条件分岐というものがあります。「もしAなら、Bをする」といったものです。この条件分岐をスクラッチで学ぶときのサンプル事例を作成しました。小学校の授業で使えるものです。クイズの問題を作って、正解かを判定するプログラムとなっています。
変数について学ぶ事例:3の倍数で大きくなる
スクラッチでプログラミングに出てくる「変数」について学べるサンプルを作成しました。キャラクターが「1、2、3…」とかずを数えていって、3の倍数になったら大きくなるというものです。プログラムの中では変数と条件分岐が使われています。
キーボード操作でキャラクターを動かす
小学校の授業で使えるスクラッチのプログラムサンプルです。キーボードの矢印キー「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、キャラクターを自分で動かすプログラムです。ネコを動かして、赤いリンゴに触れると、ネコが赤く変わるようなプログラムにしていますが、『何かに触れると、何かが起こる』プログラムに変えることもできます。
乱数について学ぶスクラッチサンプルプログラム
プログラミングでは乱数(らんすう)というものが出てきます。スクラッチで、この乱数を使ったプログラムを作ってみました。1,2,3…と順番に並んでいるのではなく、4,1,7…とランダム(でたらめ)に数字が出てくることが乱数です。
クローンを学ぶスクラッチのプログラムサンプル
スクラッチにある「クローン」について勉強できるプログラムサンプルを作成しました。「落ちゲー」と言われるようなゲームで、上からものが落ちてくるプログラムです。これをクローンを使って作っています。
回転すし屋をつくろう
スクラッチでオリジナルの回転すし屋さんをつくるプログラム例です。おすしだけでなく、ケーキやおかしなど自分の好きなものを回転すしのように回すことができます。プログラムの中では、ネタごとに料金を設定して、合計金額を求める計算を行っています。
スクラッチを使って図形の勉強を行う授業例
プログラミングで図形を描くというのはプログラミング授業の定番になっていますが、角度の考え方がちょっとややこしいですよね。そこで、スクラッチでのサンプルを作ってみました。小学校の授業で行う場合の展開例も掲載しています。参考にしてみてください。
スクラッチで作る都道府県クイズのサンプル
今回は小学校高学年向けのスクラッチサンプルを紹介します。都道府県の特徴を調べて、それをクイズ形式にするプログラムです。「海に面している」「海に面していない」など都道府県を何かの基準で2つに分けて、それを問題にしています。