スクラッチでよく使う基本プログラムの例・見本を紹介

キャラクターが上下左右に動き回るプログラム例

誰でもできるスクラッチプログラミングはじめの1歩」でキャラクターのネコが左右に行ったり来たりを繰り返すプログラムを紹介しました。見本などでも良く見かけるサンプルです。

 

今回はこれを少し修正することで上下左右に動き回るプログラムの例を紹介したいと思います。空中を飛び回っているように見えるプログラムです。

 

左右に行ったり来たりするプログラム

ますはおさらい。
キャラクターのネコが左右に行ったり来たりするプログラムです。

 

スクラッチプログラミングはじめの1歩

 

これを実行するとキャラクターが左右に動きます。

 

 

これを修正して空を飛びまわっているようにします。

 

上下左右に動き回るプログラム

空中を飛び回っている雰囲気にするために背景キャラクターを変更します。

  • 背景 … party
  • キャラクター(スプライト) … Cat1Flying

変更すると、こんなイメージになります。

 

 

このネコに設定するスクリプト(プログラム)の見本がコチラ。

 

 

左右に動くプログラムとの違いは2ヶ所。

  • 「30度回す」を追加
  • 「次のコスチュームにする」を削除

「30度回す」は【動き】のことろにある「15度回す」を使い、15を30に書き換えます。

 

「30度回す」を追加する場所も大事です。
「すっと」の前(外側)に入れます。

 

プログラミングでは部品を置く場所も重要。
上から順番に実行されるからです。

 

これで実行してみてください。
ネコが空中を飛び回っているように見えるハズです。

 

上手く動かなかった場合は、プログラムを見本とよく見比べてください。

 

繰り返して実行するときの注意

このプログラムを何回も繰り返して実行するときは、下記のように「90度に向ける」をスクリプトの中に入れてください(入れる場所は「ずっと」と「30度回す」の前)。

 

 

「90度に向ける」は最初の向きに直すという意味です。これ(90度に向ける)を入れておかないと前に実行した角度が残ってしまい、思ったように動作しません。

 

「30度回す」の部分は30をほかの数字に変えてみると動きが変わります。どんな動きになるか想像して試してみてください。

PR

関連ページ

セリフを言う
スクラッチで基本となるキャラクター(スプライト)がセリフを言うプログラミングの例です。「…と言う」と「…と考える」を使った応用プログラムも紹介しています。応用プログラムはキャラクターが場所をワープするものです。
キャラクターをキーボード操作で左右に動かす
キーボード操作でキャラクターを動かすスクラッチのプログラムの紹介です。矢印キー「←」「→」が押されたときに左右に動くプログラムの見本になります。動かないときに確認すべきポイントも記載しているので参考にしてみてください。
キャラクターをジャンプさせる簡単な方法
スクラッチでキャラクター(スプライト)をジャンプさせる方法はいくつもありますが、ここでは最も簡単なプログラミングサンプルを紹介したいと思います。これを見本に、より自然にジャンプしているように見えるものに挑戦するのもイイかもしれません。
キャラクターを回転
スクラッチでキャラクターを回転させるプログラムの見本です。回転だけでもいろいろなバリエーションを持たせることができるので、参考にしてみてください。使用するブロックは3つだけ。
「大きさを変える」
小学校の授業でも出来るような初心者向けのスクラッチプログラミング事例の紹介です。スプライト(キャラクターのこと)の大きさを変更するスクリプト(命令のこと)を使って出来る簡単なプログラムです。
色の変更を使ったスクラッチプログラム例
スクラッチのスクリプト(見た目カテゴリ)の中にある「色の効果を変える」を使って出来るプログラム例の紹介です。照明が切り替わっているように見えるプログラムになります。
スクラッチで背景を横に動かすカンタンな方法
スクラッチでゲームの画面のように背景を横に動かす(横スクロールさせる)カンタンな方法を解説します。2倍の長さの背景画像を用意する必要やX軸を少しずつずらしていくような面倒な方法ではありません。
スクラッチでのX座標、Y座標の考え方をマスター
スクラッチでは画面の中の位置をX座標とY座標で表します。この考え方は慣れていないと小学生にとっては難しく感じるかもしれません。ただ、理解してしまえばカンタン。キャラクター(スプライト)を思った位置に動かすために考え方をマスターしておきましょう。
スクラッチ3でのペンの使い方と色に指定する数値の最大値
スクラッチ3でペン機能を使って線を引くには、拡張機能を追加しなければなりません。といっても、ややこしいインストールは不要でボタンを押すだけ。その方法を解説します。スクラッチの開発画面の左下にある「拡張機能」ボタンをクリック。