授業でも使えるスクラッチプログラミング見本を紹介

スクラッチでキャラクターを回転させるプログラム見本

スクラッチでキャラクターを回転させるプログラムの見本です。回転だけでもいろいろなバリエーションを持たせることができるので、参考にしてみてください。

 

キャラクターが回転するプログラム

キャラクターをクリックすると1回転するプログラムの見本です。
回転するプログラム

 

使用するブロックは3つだけ。

  • 【イベント】 … このスプライトがクリックされたとき
  • 【制御】 … (10)回繰り返す
  • 【動き】 … (15)度回す

 

動きのブロックにある「(15)度回す」は右回り左回りの矢印がありますが、どちらを選んでも動作します(回転方法が変わるだけです)。

 

ただし、数字は変更しなければなりません。

 

最初は「15」と入っているので、これを「36」にします。
どうして「36」にするかわかりますか?

 

その上のブロックが「10回繰り返す」になってますよね。
なので、「36度回す」のを10回繰り返すことになります。

 

何度になるでしょう?
36×10=360度ですよね。

 

360度回転するということが1回転することを意味しています。
なので、360度になれば36×10でなくてもOK。

 

5回繰り返す×72度回すでも一回転します。
下記の背景でプログラムを組むと踊っているように見えます。

 

回転するプログラム

 

ただし、繰り返す回数が少なすぎると、コンピューターが実行する速度が速すぎて、人間の目には見えない場合があるので気をつけましょう。

 

応用編

では、問題です。
合計が360度にならない場合は、どんな動きになるでしょうか?

 

例えばこんなプログラム。
スクラッチ問題

 

動きを想像してみてください。
5回繰り返す×36度回すなので、180度回るということです。

 

どうなるでしょう?
プログラムを組んで正解を確認してみてください。

PR