スクラッチ3でのペンの使い方と色の最大値を解説

スクラッチ3でのペンの使い方と色に指定する数値の最大値

スクラッチ3でペン機能を使って線を引くには、拡張機能を追加しなければなりません。
といっても、ややこしいインストールは不要でボタンを押すだけ。

 

その方法を解説します。

 

画面左下にある拡張機能からペンを選択

スクラッチの開発画面の左下にある「拡張機能」ボタンをクリック。
(赤い四角で囲っている部分が「拡張機能」ボタンです)
スクラッチ拡張機能ボタン

 

拡張機能を選ぶ画面が表示されるので、この中から「ペン」を選びます。
スクラッチ拡張機能ペン

 

これで画面左下に「ペン」機能が追加されます。
コードの使い方は、ほかのものと同じです。

 

ペン機能を使ったサンプルコード

【ペンを下ろす】のあとにスプライト(キャラクター)を動かすと、その動きの通りに線が引かれます。四角形の線を引くサンプルコードだと下記のようになります。

 

実行結果はコチラ。

 

スクラッチ3でのペンの色の数値は?

スクラッチでペンを使ってプログラミングをするときに、わかりにくいのが【ペンの色を(50)にする】というコードです。50のところは数字を変えられます。

 

色を数値で指定するというのが…?
スクラッチ3の場合、ここに入れられる数字は0〜99です。

 

100以上も入れられますが、100は0と同じ意味になります。
このため意味のある色の最大値99です。

 

数字を変えると、どのように色が変わるのか?
サンプルコードを作ってみました。

 

スクラッチでの色の数値を確認するサンプルコード

 

ペンの色を最初に「0」にして、100回繰り返すの中で「1」ずつ変えています。
実行結果がこちら。

 

色がだんだん変わっているのがわかるかと思います。一番左側の色が「0」で、右側に近づくほど数字が大きくなり、一番右側の色は「100」です。

 

数値「0」の色と「100」の色は同じなので、あとは数字を増やしても同じ色のくり返しとなります。「1」と「101」が同じ、「2」と「102」が同じというように。

 

以上、参考にしてみてください。

PR

関連ページ

セリフを言う
スクラッチで基本となるキャラクター(スプライト)がセリフを言うプログラミングの例です。「…と言う」と「…と考える」を使った応用プログラムも紹介しています。応用プログラムはキャラクターが場所をワープするものです。
キャラクターをキーボード操作で左右に動かす
キーボード操作でキャラクターを動かすスクラッチのプログラムの紹介です。矢印キー「←」「→」が押されたときに左右に動くプログラムの見本になります。動かないときに確認すべきポイントも記載しているので参考にしてみてください。
キャラクターをジャンプさせる簡単な方法
スクラッチでキャラクター(スプライト)をジャンプさせる方法はいくつもありますが、ここでは最も簡単なプログラミングサンプルを紹介したいと思います。これを見本に、より自然にジャンプしているように見えるものに挑戦するのもイイかもしれません。
キャラクターを回転
スクラッチでキャラクターを回転させるプログラムの見本です。回転だけでもいろいろなバリエーションを持たせることができるので、参考にしてみてください。使用するブロックは3つだけ。
キャラクターが上下左右に動き回るプログラム例
スクラッチでキャラクター(スプライト)が上下左右に動き回るプログラムの例を紹介したいと思います。空中を飛び回っているように見えるサンプルです。
「大きさを変える」
小学校の授業でも出来るような初心者向けのスクラッチプログラミング事例の紹介です。スプライト(キャラクターのこと)の大きさを変更するスクリプト(命令のこと)を使って出来る簡単なプログラムです。
色の変更を使ったスクラッチプログラム例
スクラッチのスクリプト(見た目カテゴリ)の中にある「色の効果を変える」を使って出来るプログラム例の紹介です。照明が切り替わっているように見えるプログラムになります。
スクラッチで背景を横に動かすカンタンな方法
スクラッチでゲームの画面のように背景を横に動かす(横スクロールさせる)カンタンな方法を解説します。2倍の長さの背景画像を用意する必要やX軸を少しずつずらしていくような面倒な方法ではありません。
スクラッチでのX座標、Y座標の考え方をマスター
スクラッチでは画面の中の位置をX座標とY座標で表します。この考え方は慣れていないと小学生にとっては難しく感じるかもしれません。ただ、理解してしまえばカンタン。キャラクター(スプライト)を思った位置に動かすために考え方をマスターしておきましょう。