スクラッチでよく使う基本プログラミングの例を紹介

スクラッチでよく使う基本プログラミングのサンプル

スクラッチでプログラミングをするときによく使う基本プログラムコードを紹介しています。

 

サンプルも掲載しているので、マネして作成してみてください。
基本スクリプトだけでつくれるプログラムもあります。

 

キャラクターがセリフを言うプログラミング

スクラッチでセリフを言う

 

使用するのは「見た目」の中にある「こんにちは!と2秒言う」というブロック。
後ろが白くなっている「こんにちは!」と「2」のところは変更できるという意味です。

 

 

キャラクターを左右に動かす

キーボード操作でキャラクターを動かすプログラムの紹介です。
矢印キー「←」「→」が押されたときに左右に動くプログラムの見本になります。

 

 

キャラクターをジャンプさせる

スクラッチでキャラクター(スプライト)をジャンプさせる方法はいくつもありますが、ここでは最も簡単なプログラミングサンプルを紹介したいと思います。

動きが少しぎこちないですが、ジャンプしているように見えます。これを見本に、より自然にジャンプしているように見えるものに挑戦するのもイイかもしれません。

 

 

キャラクターを回転させる

キャラクターをクリックすると1回転するプログラムの見本です。

 

 

キャラクターを上下左右に動かす

ここでは上下左右に動き回るプログラムの例を紹介します。
空中を飛び回っているように見えるプログラムです。

 

 

キャラクターの大きさを変える

」キーを押すとスプライト(キャラクター)が大きくなり、「」キーを押すと小さくなるプログラムです。

 

 

色の変更を使ったプログラム

スクラッチのスクリプト(見た目カテゴリ)の中にある「色の効果を変える」を使って出来るプログラム例の紹介です。照明が切り替わっているように見えるプログラムになります。

 

 

背景を横に動かすカンタンな方法

スクラッチでゲームの画面のように背景を横に動かすカンタンな方法を解説します。

 

【完成イメージ】
スクラッチで背景を動かす

 

 

スクラッチでのX座標、Y座標の考え方をマスター

スクラッチでは画面の中の位置をX座標とY座標で表します。
この考え方は慣れていないと小学生にとっては難しく感じるかもしれません。

 

ただ、理解してしまえばカンタン。
キャラクター(スプライト)を思った位置に動かすために考え方をマスターしておきましょう。
スクラッチ座標軸

 

スクラッチで背景を横スクロールさせる方法としては次のようなやり方が知られています。背景をスプライトとし、X軸を少しずつずらしていくスプライトとする背景画像は標準の2倍の長さのものを用意する難しいですよね。2倍の長さの背景画像を用意するの段階で挫折してる人も多いと思います。そこで、ここでは最もカンタ...

スクラッチでは画面の中の位置をX座標とY座標で表します。この考え方は慣れていないと小学生にとっては難しく感じるかもしれません。ただ、理解してしまえばカンタン。キャラクター(スプライト)を思った位置に動かすために考え方をマスターしておきましょう。横の位置をX座標、縦の位置をY座標で表すスクラッチでは横の位置をX座標、縦(上下)の位置をY座標で表します。座標(ざひょう)という言葉が難しく感じるなら、X...

スクラッチ3でペン機能を使って線を引くには、拡張機能を追加しなければなりません。といっても、ややこしいインストールは不要でボタンを押すだけ。その方法を解説します。画面左下にある拡張機能からペンを選択スクラッチの開発画面の左下にある「拡張機能」ボタンをクリック。(赤い四角で囲っている部分が「拡張機能」ボタンです)拡張機能を選ぶ画面が表示されるので、この中から「ペン」を選びます。これで画面左下に「ペン...

スクラッチには「円を描く」という命令はありません。なので、円を描くためには自分でプログラムを組む必要があります。その方法を紹介します。【事前準備】線を書くための「ペン」機能を追加するスクラッチで円を描くためには、線を書くためのペン機能を追加しなければなりません。(すでに追加している人は、ここは読み飛ばしてください。)ペン機能が追加されているかは左下で確認できます。「ペン」というボタンが表示されてい...

スクラッチでペンを使って線を引くプログラムの作り方を解説します。【事前準備】線を引くための「ペン」機能を追加するスクラッチで線を引くためには、ペン機能を追加しなければなりません。(すでに追加している人は、ここは読み飛ばしてください。)ペン機能が追加されているかは左下で確認できます。「ペン」というボタンが表示されていれば使用することができます。「ペン」が表示されない場合は下記の記事を参考に「ペン」を...

スクラッチでの変数の使い方がわかるサンプルプログラムです。プログラミングで変数は、色々なことに使えますが、代表的な使い方は数を数えることです。スクラッチでサンプルを作ってみました。変数の使い方がわかるサンプルプログラムサンプルプログラムでは「かず」という名前の変数を作っています。スクラッチでの変数の作り方は下記のページで解説しています。変数の作り方 ⇒ 変数について学べるスクラッチプログラム例最初...

スクラッチでボールが端にあたると跳ね返り、ボール同士がぶつかったときにも跳ね返るプログラムの見本です(実行するとボールは自動的に動き出します)。2つのボールをスプライトとして用意まずは2つのボールをスプライトとして用意します。見本では野球のボールとバスケットボールを使っています。背景は何でもよいのですが、端にあたったときに跳ね返るプログラムにしているので、「Blue Sky2」のような上下左右に絵...

スクラッチで上からモノが落下してくる(モノを落とす)プログラムの作り方を解説します。落下ゲームなどに活用できるサンプルになっています。上からリンゴが落ちてくるプログラムの作り方上からリンゴが落ちてくるプログラムの作り方を説明します。スプライトはリンゴ(Apple)を選択し、背景には「Xy-grid」を使います。(紛らわしいので最初に表示されるネコは削除しておきます)背景は何でもいいのですが、モノが...

スクラッチでキャラクターをジャンプさせるプログラムの作り方を解説します。キャラクターが下記の画面のようなジャンプをするプログラムです。スクラッチでジャンプするプログラムの作り方ここで紹介するプログラムは「変数」を使っています。まずは「変化量」という名前の変数をつくります。変数については「スクラッチでの変数の使い方がわかるプログラム」にまとめています。ジャンプするプログラム変化量という名前の変数を用...

ゲームの画面のようにキャラクターが話したセリフが少しずつ表示されるプログラムの作り方を説明します(下の画面のように動きのプログラムです)。( )と言うブロックを使うと一気に表示されてしまう…スクラッチでセリフを表示するには「( )と言う」ブロックを使用しますが、普通にこれを使ったのでは一気に表示されてしまいます。一文字ずつ表示させるにはどうすればイイのかをサンプルプログラムをもとに解説します。一文...

-->
page top