スクラッチで円を描く

スクラッチで円を描く方法(プログラムサンプル)

スクラッチには「円を描く」という命令はありません。
なので、円を描くためには自分でプログラムを組む必要があります。

 

その方法を紹介します。

 

【事前準備】線を書くための「ペン」機能を追加する

スクラッチで円を描くためには、線を書くためのペン機能を追加しなければなりません。
(すでに追加している人は、ここは読み飛ばしてください。)

ペン機能が追加されているかは左下で確認できます。「ペン」というボタンが表示されていれば使用することができます。

「ペン」が表示されない場合は下記の記事を参考に「ペン」を追加してください。
スクラッチ3でのペンの使い方と色に指定する数値の最大値

 

スクラッチで円を描くプログラム

ペンの準備ができたら、円を描くプログラムを作ります。

キャラクターの角度を変えながら(回しながら)、キャラクターを動かすことで、円を描くことができます。

 

ポイントは、●●回繰り返すと▲▲度回すの数字をかけた答えが360になるようにすることです(●●×▲▲=360)。

 

左の例だと、36×10=360となっています。

上のプログラムの実行結果です。円を描くことができました。

 

画面の中から線がはみ出してしまった場合は、■■歩動かす(上のプログラムでは15に設定)の数字を小さくしてください。

ただ、これだと画面の下のほうに円があります。
円を画面の真ん中に描くにはどうすればよいのでしょうか?

 

円を画面の真ん中に描く方法

上のプログラムでは最初にネコ(キャラクター)がいた位置から円を描き始めています。
このため、下のほうに円ができてしまうのです。

スクラッチで円を描くプログラム

キャラクターを移動させてから円を描き始めることで、円を画面の真ん中に置くことができます。

 

キャラクターを移動させるには、X座標を●●、Y座標を▲▲にするを使います。画面の真ん中がX座標「0」、Y座標「0」です。

 

プログラムの中で忘れてはいけないのが「ペンを上げる」こと。ペンを下した状態のままでキャラクターを動かすと、そこに線が引かれてしまいます。

実行結果がこちら。

 

画面の真ん中に円を描くことができました。

 

こんな円を描けるかな?挑戦してみよう!

スクラッチでは二重丸途中で色を変える円も描くことができます。

どのようにプログラムを作れば、こうした円ができるか挑戦してみましょう。

 

page top