スクラッチでよく使う基本プログラミングの例を紹介

セリフを言うプログラミング

スクラッチで基本となるキャラクター(スプライト)がセリフを言うプログラミングの例です。

 

…と言う」と「…と考える」を使った応用プログラムも紹介しています。
応用プログラムはキャラクターが場所をワープするものです。

 

基本プログラミング例(セリフを言う)

スクラッチでセリフを言う

 

使用するのは「見た目」の中にある「こんにちは!と2秒言う」というブロック。
後ろが白くなっている「こんにちは!」と「2」のところは変更できるという意味です。

 

実行すると下記のようになります。

 

スクラッチでセリフを言う

 

実行してみるとわかりますが、「こんにちは!」という文字が出て、しばらくすると消えます。
この時間が「2秒」です。

 

10秒にすれば、10秒間「こんにちは!」と表示されてから消えることになります。

 

「…と言う」と「…と考える」の違い

「…と言う」と似ているブロックに「…と考える」というのもあります。
背景が白い部分に文字を入れることができるのも同じです。

 

スクラッチでセリフを言う

 

実行すると、下記のようになります。

 

スクラッチでセリフを言う

 

違いがわかりますか?

 

違いは吹き出しの部分です。
モヤモヤとして考えてるような吹き出しになるのが「…と考える」です。

 

この2つを使って作ったサンプルが下記のプログラムです。

 

場所をワープするプログラム

背景として「 blue sky 」と「 beach malibu 」を使用しています。
この2つを背景としてセットします。

 

使用するキャラクター(スプライト)はネコ。
ほかに変えてもOKです。

 

このキャラクター(スプライト)に次のようなスクリプトを組み込みます。

 

ワープするプログラム

 

どんな動きをするかわかりますか?
自分で作って動かしてみてください。

 

できたら、ほかのセリフや背景にして挑戦してみましょう。
いろいろなパターンが出来ると思います。

先生向け学校ICT関連書籍

オンライン授業Excel活用働き方改革
詳細はコチラ⇒オンライン授業でのGoogleフォーム活用法詳細はコチラ⇒先生向けエクセル講座「校務Excel」詳細はコチラ⇒ホームページ改善から始める働き方改革
page top